小児科・思春期内科・小児アレルギー科 // みらいクリニック(新座市)

Ma001.gif

み ら い ク リ ニ ッ ク

~小児科を中心とした地域医療と思春期医療のクリニックです(一般内科外来もあります)

アレルギーマーチ

 アトピー素因を有する子どもに、いくつかのアレルギー性疾患(アトピー性皮膚炎・気管支喘息・アレルギー性鼻炎など)が次から次に現れてくる現象を「アレルギーマーチ」と言います。 アレルギーマーチは乳児初期の乳児湿疹・下痢・腹痛などに始まり、やがて気管支喘息に移行し、次いでアレルギー性鼻炎になる事が多く、気管支喘息は思春期前後までに約70%が治癒します。アトピー性皮膚炎を有する乳幼児の約40%は比較的近い将来、気管支喘息を発症すると言われています。

アレルギー性疾患の初発時期

①アトピー性皮膚炎:2歳までに約90%が発症しています。
②気管支喘息:6歳までに約90%が発症しています。
③アレルギー性鼻炎:学童期以降に発症することが多いのですが、最近は低年齢児に典型的なアレルギー性鼻炎が増加する傾向にあります。

抗アレルギー剤による「アレルギーマーチ」の抑制

 アトピー性皮膚炎を有する乳幼児の約40%は、比較的近い将来、気管支喘息を発症することが知られています。
 アトピー性皮膚炎を有する乳幼児に抗アレルギー剤を10~34ヵ月投与したところ、気管支喘息に移行した子供達は約17%に過ぎませんでした。なお、気管支喘息に移行した子供達は血液検査にて卵白・ダニに強いアレルギーがありました。
 この事から抗アレルギー剤が「アレルギーマーチ」をある程度抑制すると考えられています。

bk1_top.gif