小児科・思春期内科・小児アレルギー科 // みらいクリニック(新座市)

Ma001.gif

み ら い ク リ ニ ッ ク

~小児科を中心とした地域医療と思春期医療のクリニックです(一般内科外来もあります)

概念・原因

気管支喘息とは?

 気管支喘息は、笛性喘鳴を伴った発作性の呼気性呼吸困難を繰り返す閉塞性肺疾患です。気道過敏性の為に種々の刺激で気管支平滑筋のれん縮、気道粘膜の浮腫と炎症、粘液の分泌が生じ気道が閉塞する。軽度の呼吸困難から窒息まで様々な病態を呈する。

原因は?

 気管支喘息の発症には、多くの因子が複雑に関与する。アレルゲン、感染、運動、気象条件、冷気、大気汚染、刺激臭、煙、アスピリンなどの薬剤、緊張やストレスなど心理的な要因などで発作が誘発される。アレルゲンは、ダニ、家塵(ホコリ)、真菌(カビ)、花粉、動物の毛やフケ、鳥の羽毛、卵白やソバなどの食物成分など多彩である。
 気道過敏性は非発作時(元気な時)も存在し、呼吸器感染や大気汚染に暴露すると反応性が亢進する(発作を起こす)。

遺伝するのか?

 重症例や発症年齢が低い時、家族歴がある時、他のアレルギー症状を伴う事が多い時に遺伝の可能性も高くなる。

アトピー体質の子供は喘息になりやすいか?

 アトピー体質の2/3にアトピーの家族歴、半数以上に気管支喘息やアレルギー性鼻炎など他のアレルギー症状がある。このように、アトピー体質では喘息になりやすい。

bk1_top.gif