小児科・思春期内科・小児アレルギー科 // みらいクリニック(新座市)

Ma001.gif

み ら い ク リ ニ ッ ク

~小児科を中心とした地域医療と思春期医療のクリニックです(一般内科外来もあります)

思春期の喘息死

思春期の喘息死亡率はなぜ高いか?

 わが国におけ喘息死は、減少傾向にありますが、欧米に比べるとまだ高値です。。小児においての喘息死亡率は、0~4歳では順調に減少していますが、思春期においては増加傾向を示しています。
 喘息死に関係する要因としては、適切な受診時期の遅れ、予期せぬ急激な悪化が多いようです。適切な受診時期の遅れをきたした要因としては、患者や家族の発作重症度判断の誤り、「ハンドネブライザー(サルタノールエアゾル、アスミドンエアー、メプチンエアー、ベロテックエアゾル、アロテックエアゾルなど)」への過度の依存が考えられます。
 喘息死にいたる最終発作は、急激な経過をたどることが多く、着院死が約半数を占めています。

bk1_top.gif