低身長・背を伸ばす・背が伸びる・成長ホルモン // みらいクリニック(新座市)

Ma001.gif

み ら い ク リ ニ ッ ク

~小児科を中心とした地域医療と思春期医療のクリニックです(一般内科外来もあります)

低身長とは?


 低身長(成長障害)とは、同性同年齢の子どもの平均身長と比べて、身長が著しく低い、あるいは成長の速度が著しく遅い場合をいい、少し身長が低いというだけでは低身長とはいいません。成長が障害されているかどうかは、子どもの「身長」と「1年間の身長の増加(成長速度)」を目安に判断することができます。

 次の2つの項目の両方、あるいはどちらかに当てはまる場合には、低身長(成長障害)と考えられますので、早めに当科に相談して下さい。
①身長が同性同年齢の子どもと比べて「-2SD以下」の場合
②1年間の身長増加が、同性同年齢の子どもの平均値の80%以下(小学校低学年では約4cm以下)で、これが2年以上続く場合

 SD(標準偏差)とは統計学的に使われる言葉で、この場合は、子どもの身長のバラツキの程度を表しています。通常、身長が「+2SD」と「-2SD」の間に、全体の約95%の子どもの身長が入ることから、「-2SD」以下の身長の場合を低身長としています。下の標準成長曲線に記入しています。

低身長(標準値-2.0SD)の基準
年齢 男子(cm) 女子(cm)
5歳0ヵ月 98.1 97.7
5歳6ヵ月 100.9 100.6
6歳0ヵ月 103.8 103.4
6歳6ヵ月 106.8 106.1
7歳0ヵ月 109.5 108.8
7歳6ヵ月 112.2 111.4
8歳0ヵ月 114.7 113.9
8歳6ヵ月 117.2 116.4
9歳0ヵ月 119.7 118.8
9歳6ヵ月 122.1 121.2
10歳0ヵ月 124.5 123.9
10歳6ヵ月 126.8 126.7
11歳0ヵ月 128.9 130.2
11歳6ヵ月 131.0 133.8
12歳0ヵ月 133.9 137.0
12歳6ヵ月 136.8 140.2
13歳0ヵ月 140.7 142.3
13歳6ヵ月 144.6 144.3
14歳0ヵ月 148.6 145.3
14歳6ヵ月 152.5 146.2
15歳0ヵ月 154.7 146.5
15歳6ヵ月 156.8 146.9
16歳0ヵ月 157.7 147.1
16歳6ヵ月 158.5 147.2
17歳0ヵ月 158.8 147.4
17歳6ヵ月 159.1 147.6

bk1_top.gif

2000yboy.gif男児の標準成長曲線2000年度版

2000ygirl.gif女児の標準成長曲線2000年度版

bk1_top.gif