低身長・背を伸ばす・背が伸びる・成長ホルモン // みらいクリニック(新座市)

Ma001.gif

み ら い ク リ ニ ッ ク

~小児科を中心とした地域医療と思春期医療のクリニックです(一般内科外来もあります)

SGA性低身長症


 妊娠数週に比して出生時体重が極端に少ない場合、SGAと呼びます。2008年10月より一定の基準を満たせば、SGA性低身長症として医療保険での成長ホルモン治療が認められました。SGAの10~20%では、発育が悪く、その後も成長率が追いつかず低身長となることが知られています。
 子宮内発育不全の原因として、胎児自体の問題(奇形・染色体異常・成長因子の不足など)、母体の問題(子宮胎盤の異常・母親の疾患など)、胎児を取り巻く環境(母体の感染、栄養、薬物など)といった多様な因子の関与が考えられます。
 お母さんのお腹にいる期間(在胎週数)に比べて、身長も体重も小さく生まれたお子さんが、2歳を過ぎても低身長が続く場合に疑われます。 診断には成長ホルモン分泌不全性低身長症と同様に検査が必要です。

SGA性低身長症の基準:
 ①出生体重と身長:在胎週数相当の10パーセンタイル未満、かつどちらか一方が-2.0SD未満。
 ②暦年齢2歳までに-2.0SD以上にcatch-upしなかった。
 ③現在、暦年齢3歳以上。
 ④現在、身長SDSが-2.0SD以下。

SGA性低身長症で成長ホルモン療法開始基準:
 ①現在、成長率SDSが0.0SD未満。
 ②現在、身長SDSが-2.5SD未満。
 ③成長ホルモン分泌刺激試験におけるピーク値が6ng/ml超。
 ④子宮内発育遅延以外の疾患等に起因しないことを確認。

bk1_top.gif