低身長・背を伸ばす・背が伸びる・成長ホルモン・自費 // みらいクリニック(新座市)

Ma001.gif

み ら い ク リ ニ ッ ク

~小児科を中心とした地域医療と思春期医療のクリニックです(一般内科外来もあります)

10代後半で身長が低い場合


 身長が伸びるかどうかは、骨年齢(骨端線の状態)に左右されます。骨端線が完全に閉じていれば、内科的治療(内服薬・注射薬)で身長を伸ばす事は不可能です。しかし、骨端線が閉じてなければ、身長が伸びる可能性はあります。
 骨端線を閉じさせない方法、すなわち、骨年齢を遅らせる方法としては、性腺抑制療法があります。この方法は、性ホルモンの分泌を抑制する事で、骨端線の閉鎖を遅らせます。同時に二次性徴も停止します。
 男性の場合は、性腺抑制療法に蛋白同化ステロイド剤(男性ホルモン剤)を併用することで、身長を伸ばす効果が期待できます。女性の場合は、性腺抑制療法が主体ですが、蛋白同化ステロイド(男性ホルモン剤)を6ヶ月程度を限度に併用する場合があります。
 全て自費治療になります。詳細については、受診時、医師に相談して下さい。

 実際に保険外で治療を行う場合の4週間の費用は、

①性腺抑制療法+蛋白同化ホルモン療法:
 診察料(3,000円/日)+性腺抑制剤(21,000~29,000円/月)+注射手技料(1,000円/回)+蛋白同化ホルモン剤(40~120円/日、1,120~3,360円/月)=26,120~36,360円

②蛋白同化ホルモン療法単独:
 診察料(3,000円/日)+蛋白同化ホルモン剤(40~120円/日、1,120~3,360円/月)=4,120~6,360円

③性腺抑制療法単独:
 診察料(3,000円/日)+性腺抑制剤(21,000~29,000円/月)+注射手技料(1,000円/回)=25,000~33,000円

※上記以外に、血液検査(4,500~11,000円)が年4回程度、骨年齢測定(4,000円)が年2回程度かかります。

bk1_top.gif