低身長・背を伸ばす・背が伸びる・成長ホルモン・自費 // みらいクリニック(新座市)

Ma001.gif

み ら い ク リ ニ ッ ク

~小児科を中心とした地域医療と思春期医療のクリニックです(一般内科外来もあります)

中学生で身長が低い場合

 思春期で身長が伸びず、クラスでも背が低い集団にいる場合、性ホルモンの分泌が年齢相当であると、最終身長が低くなる可能性がかなり高くなります。この極端な例が「低身長思春期発来」です。
 一般に二次性徴を自覚するのは、男児で陰毛発生、女児で乳房発育ですが、その時に身長が低いと、最終身長が平均より低くなる可能性が高くなります。女児の場合、初潮が始まると骨端線が急速に閉鎖するので注意が必要です。
 身長が低くい時期に性ホルモンの分泌が盛んになった場合、骨端線の状態(骨年齢)と二次性徴の程度(進行具合)により、身長を改善することが可能な場合があります。
 骨年齢が男児15歳以下、女児14歳以下であれば、治療(性腺抑制療法など)により身長が伸びる可能性があります。
 身長の低さに悩んだ場合は、まずは受診して診察と検査を受けることです。初診時は保険適応があるので費用的な心配はありません。後悔する前に受診する勇気が必要です。診療に時間がかかるので、「思春期成長障害」で予約をお願いします。
 無料で医療相談(TOPページ「医療相談専用」)も受けていますので、気になることがあれば気軽にメールでご相談ください。

 実際に保険外で治療を行う場合の4週間の費用は、

①性腺抑制療法+蛋白同化ホルモン療法:
 診察料(3,000円/日)+性腺抑制剤(21,000~29,000円/月)+注射手技料(1,000円/回)+蛋白同化ホルモン剤(40~120円/日、1,120~3,360円/月)=26,120~36,360円

②蛋白同化ホルモン療法単独:
 診察料(3,000円/日)+蛋白同化ホルモン剤(40~120円/日、1,120~3,360円/月)=4,120~6,360円

③性腺抑制療法単独:
 診察料(3,000円/日)+性腺抑制剤(21,000~29,000円/月)+注射手技料(1,000円/回)=25,000~33,000円

④成長ホルモン療法追加:
 体重30kgの場合、成長ホルモン注射25~35mg/月(約11~15万円)+指導管理料5000円=約110,000~152,000円
 体重40kgの場合、成長ホルモン注射35~45mg/月(約15~19万円)+指導管理料5000円=約152,000~194,000円

※上記以外に、血液検査(4,500~11,000円)が年4回程度、骨年齢測定(4,000円)が年2回程度かかります。成長ホルモン注射(自己注射)の場合、注射針代(70本入)として2,000円程度かかります。

平成28年度 年齢別の平均身長
学年・年齢 男子(cm) 女子(cm)
幼稚園・5歳  110.4  109.4
小学校・6歳 116.5 115.6
小学校・7歳 122.5 121.5
小学校・8歳 128.1 127.2
小学校・9歳 133.6 133.4
小学校・10歳 138.8 140.2
小学校・11歳 145.2 146.8
中学校・12歳 152.7 151.9
中学校・13歳 159.9 154.8
中学校・14歳 165.2 156.5
高等学校・15歳 168.3 157.1
高等学校・16歳 169.9 157.5
高等学校・17歳 170.7 157.8

bk1_top.gif