低身長・背を伸ばす・背が伸びる・成長ホルモン・自費 // みらいクリニック(新座市)

Ma001.gif

み ら い ク リ ニ ッ ク

~小児科を中心とした地域医療と思春期医療のクリニックです(一般内科外来もあります)

身長を伸ばす方法①

(自費治療)

 身長は、成長ホルモン、性ホルモン、環境(栄養・心理)によって決まります。環境は自分でコントロール可能な要因ですが、成長ホルモンや性ホルモンは自分でコントロール不可能な要因です。特に、身長が低くて二次性徴が発現すると、一時的に急激に身長が伸び、「このまま伸びて身長が高くなる」と錯覚してしまい、最終的には平均身長以下になることが多々あります。
 身長が140cm以下で「明らかな二次性徴(陰毛発生や乳房発育)」が認められると、最終的な高身長は期待できなくなる可能性が高く、特に身長が135cm以下で「明らかな二次性徴(陰毛発生や乳房発育)」が認められると、平均身長以下になる可能性が高くなると考えられます。
 身長が低いと感じている場合は、可能な限り二次性徴が発現するのを抑えることが重要になります。また、既に二次性徴が発現している場合は、早期であれば二次性徴の進展を抑えることで、身長の伸びを改善できる可能性があります。二次性徴を一時的に抑えても将来的に大きな問題はありません。
 検査として、血液検査(成長ホルモンや性ホルモンなど測定)、左手レントゲン撮影(骨年齢測定)、身長体重測定が必要になります。全て保険適応があります。心配な場合は、気軽にメール(医療相談専用・TOPページ)でご相談ください。理想の体形に近づけるハイ・クオリティの治療を目指します。診療に時間がかかるので、「思春期成長障害」で予約をお願いします。

 実際に保険外で治療を行う場合の4週間の費用は、

①性腺抑制療法+蛋白同化ホルモン療法:
 診察料(3,000円/日)+性腺抑制剤(21,000~29,000円/月)+注射手技料(1,000円/回)+蛋白同化ホルモン剤(40~120円/日、1,120~3,360円/月)=26,120~36,360円
 ※ブセレキュア点鼻液を使用する場合は、20,120~30,360円になります。

②蛋白同化ホルモン療法単独:
 診察料(3,000円/日)+蛋白同化ホルモン剤(40~120円/日、1,120~3,360円/月)=4,120~6,360円

③性腺抑制療法単独:
 診察料(3,000円/日)+性腺抑制剤(21,000~29,000円/月)+注射手技料(1,000円/回)=25,000~33,000円
 ※ブセレキュア点鼻液を使用する場合は、19,000~27,000円になります。

④成長ホルモン療法追加:
 体重30kgの場合、成長ホルモン注射25~35mg/月(約11~15万円)+指導管理料5000円=約110,000~152,000円
 体重40kgの場合、成長ホルモン注射35~45mg/月(約15~19万円)+指導管理料5000円=約152,000~194,000円

※上記以外に、血液検査(4,500~11,000円)が年4回程度、骨年齢測定(4,000円)が年2回程度かかります。成長ホルモン注射(自己注射)の場合、注射針代(70本入)として2,000円程度かかります。

bk1_top.gif