小児科・思春期内科・小児アレルギー科 // みらいクリニック(新座市)

Ma001.gif

み ら い ク リ ニ ッ ク

~小児科を中心とした地域医療と思春期医療のクリニックです(一般内科外来もあります)

プール熱(咽頭結膜熱)

プール熱(咽頭結膜熱)とは?

 夏にプールを介して学童の間に流行するので「プール熱」といいます。プールに入らなくてもうつります。アデノウイルスによる感染症で、高熱、咽頭炎、非化膿性結膜炎の他、耳介前リンパ節と頸部リンパ節の腫脹を呈する症候群です。
 39~40℃の高熱が4~5日続き、のどの痛みが強く、目も赤く(結膜炎)なります。さらに頭痛、吐き気、腹痛、下痢を伴うこともあります。

家庭で気を付ける事

①高熱:何日も高い熱が続くので、解熱剤を上手に使い、涼しい服装をさせ、風通しのよい部屋で寝かせましょう。
②食事:のどが痛く熱も高いので食欲がないのはしかたありません。プリンやゼリー、アイスクリーム、さましたおじや、豆腐、グラタンなど食べやすいものを与えましょう。
③水分:水分は十分に与えて下さい。麦茶やイオン飲料、味噌汁、ポタージュスープなどを与えましょう。
④入浴:熱が高い時や元気がない時は止めましょう。こまめに体を拭いてあげて下さい。

こんな時はもう一度診察を

①のどが痛く水分をあまり飲まない時。
②元気がなくぐったりしている時。
③高い熱が3日以上続く時。

登園・登校は?

 感染力が強いので、熱が下がり、症状がなくなっても2日程度は休み、人の多い所への外出は控えましょう。

bk1_top.gif