小児科・思春期内科・小児アレルギー科 // みらいクリニック(新座市)

Ma001.gif

み ら い ク リ ニ ッ ク

~小児科を中心とした地域医療と思春期医療のクリニックです(一般内科外来もあります)

野球肘

 投球の繰り返しにより生じる肘関節障害であり、10~14歳の成長期に発生する。肘の内側障害が圧倒的に多いが、外側障害、後方障害(肘頭部)も生じます。
 初期は投球時や投球後に肘内側に疼痛を認めるのみで、2~3日の休養で消失します。次第に腫脹を伴うようになり、さらに進行すると屈曲拘縮が生じ、安静時にも疼痛を認めます。障害部位に一致して圧痛があり、外反ストレスを加えると疼痛が誘発されます。
 内側障害のうち軽症例は約1ヵ月間の投球動作禁止の後、少しずつ投球を再開してみます。

bk1_top.gif