小児科・思春期内科・小児アレルギー科 // みらいクリニック(新座市)

Ma001.gif

み ら い ク リ ニ ッ ク

~小児科を中心とした地域医療と思春期医療のクリニックです(一般内科外来もあります)

かぜ症候群

かぜ症候群とは?

 いわゆる感冒(急性鼻咽頭炎)のことで、大部分はウィルス感染症です。また、肺炎などの下気道炎を含めたりする場合もあります。本症の90%以上がウィルス感染で、その代表がインフルエンザウィルスであり、その他にパラインフルエンザウィルス、RSウィルス、コロナウィルス、アデノウィルスなどが主なもので、細菌性は少ないが、A群溶連菌は重要です。また、それ以外にマイコプラズマ肺炎も重要です。
 流行性感冒のことをインフルエンザといいます。

かぜをひきやすい子

 1年間に7回以上かぜにかかれば「かぜをひきやすい子」といえます。かぜをひきやすい要因としては、栄養状態が悪い、保育環境が不適当(厚着の習慣・体の不潔・不適切な集団保育など)などの環境要因と体質が考えられます。
 体質要因としては、免疫不全やアレルギー素因、耳鼻科的器質性疾患の存在などが挙げられます。

乳幼児のかぜで注意する事

 「かぜは万病のもと」といわれるように、随伴症状として消化器症状や熱性けいれん、口内炎、発疹などを伴うことがあり、合併症としては、中耳炎が高頻度にみられ、肺炎や髄膜炎、脳炎を起こすこともあります。
 また、種々の感染症の前駆症状の可能性もある為、症状が消失しない場合は3~4日で再診する必要があります。

体温の測定方法

 一般的なのは腋窩であり、一部の乳児が頚部で測定しています。頚部で測定する場合は、部屋の温度の影響を受ける事があります。
 腋窩では汗を十分に拭き取ってから測定を開始し、水銀体温計の場合は5分以上の時間をかけて測定する事が望ましく、デジタル電子体温計の場合は、測定前に10~15分腋窩を密着させた後に体温計を挿入して測定する事が望ましい。

小児の正常体温

 体温は1日中同じ温度ではありません。朝は低めで、夕方は高めです。運動をしたり食事をした後は、体温が高くなります。
 乳児は厚着や暖房などの影響で、高く測れてしまう事があります。おかしいと思ったら、しばらくしてもう一度測ってみましょう。思春期以後の女児では、性周期による体温の変化が加わってきます。
 通常は、平熱より1℃以上高ければ熱があると考えてよいでしょう。

乳児(夏):37.02±0.36℃
乳児(冬):36.71±0.41℃
幼児(夏):37.01±0.39℃
幼児(冬):36.94±0.45℃
学童(夏):36.94±0.32℃
学童(冬):36.91±0.41℃

解熱剤(熱さまし)の使い方

 通常は38.5℃以上の時に使います。但し、38℃以上でつらそうな時は使ってもよいです。5~6時間以上たったらまた使ってもよいです。
 解熱剤には「飲み薬」と「坐薬」の2種類がありますが、同時に使ってはいけません。5~6時間あけてから使いましょう。「飲み薬」も「坐薬」も効き目は同じです。吐く子には「坐薬」を、下痢の時や坐薬を嫌がる子には「飲み薬」を使いましょう。
 解熱剤は、熱によるつらさを軽くする為の薬で、病気を治す薬ではありません。熱を下げる事ばかり気をとられないようにしましょう。

いつから保育園(学校)へ

 熱があったら次の日も必ず休ませましょう。夜中に熱があった翌朝、熱が下がっていたので行かせた、というのは無謀です。薬がない場合には、保育所(学校)を休み、昼間(診療時間内)に受診するようにして下さい。

家庭看護

①熱の放散をよくする為に、寒くない程度に薄着にしましょう。
②水分を十分に摂取させましょう。
③冷たいタオルや氷枕で頭を冷やしたり、氷嚢で両脇や股の付け根を冷やすと効果的です。でも子どもが嫌がる時は無理に冷やさなくてもいいです。
④消化のよい物を食べさせましょう。
⑤熱がある時は、お風呂を避けて安静にしましょう。

bk1_top.gif

bk1_top.gif