小児科・思春期内科・小児アレルギー科 // みらいクリニック(新座市)

Ma001.gif

み ら い ク リ ニ ッ ク

~小児科を中心とした地域医療と思春期医療のクリニックです(一般内科外来もあります)

喘息様(性)気管支炎

喘息様(性)気管支炎とは?

 喘鳴を伴う急性気管支炎のことで、気管支喘息に類似した症状が発現します。このような病態の根底には気道過敏性が存在すると考えられ、繰り返す場合の多くは気管支喘息です。
 罹患する小児の50%が2歳以下で、特に2~10ヵ月の乳児が多く、生後2ヵ月未満の乳児は希です。また2歳以下の小児100人中、年間に6~11人がウィルス感染で喘鳴を発症するとの報告もあります。喘息様(性)気管支炎の原因の多くは、ウィルス感染です。

症状は?

 発熱、鼻汁、咳嗽、そして喘鳴が主な症状です。増悪すると呼吸困難になる事があります。

家庭で気を付ける事

 咳きは気道から異物を排泄させる生理的防御機構ですので、咳きを止めることは生体に不利になることがあります。
 水分は頻回に十分与え(水分補給)、室内は湿度をできるだけ高く保ち(加湿)、空気は清潔にしましょう(保護者は禁煙)。

こんな時はもう一度診察を

①発熱が5日以上持続、あるいは解熱後の再発熱、無熱で経過中の発熱。
②哺乳や飲食ができない、ぐったりしている、顔面蒼白。
③呼吸回数が早い、苦しがる、眠れない。
④夜間咳きで眠れない、咳きで吐いてしまう。

bk1_top.gif