小児科・思春期内科・小児アレルギー科 // みらいクリニック(新座市)

Ma001.gif

み ら い ク リ ニ ッ ク

~小児科を中心とした地域医療と思春期医療のクリニックです(一般内科外来もあります)

ヘルペス性ひょうそ

ヘルペス性ひょうそとは?

 一般に指および足指の単純ヘルペス感染症の事です。小児では、単純ヘルペス1型口腔感染症(口唇ヘルペス)をきたした乳幼児に最もよくみられ、患児が親指または指をしゃぶることによって発症します。単純ヘルペス2型によるヘルペスひょうそは、感染性の性器分泌物への暴露によって青少年に時に発症します。発症に先立ち、暴露から2~7日後に掻痒感、疼痛および紅斑が生じます。切開しても液体はほとんどありません。病変部の切開は治癒を遅らせ、二次性細菌感染症のリスクを高めます。病変および疼痛は約10日間続いた後、迅速に改善し、18日~20日で完全に回復します。
 治療として、抗ウィルス剤の軟膏を塗布し、難治性では抗ウィルス剤の内服薬を投与します。

herpes_S_V03.jpg

herpes_S_V04.jpg

bk1_top.gif